8/6に想う

今朝、平和祈念式典の中継を探してチャンネルを押し続けた、福岡の女性税理士・社会保険労務士の滝口綾子です。

忘れまじ、ヒロシマ


8:15に黙祷をしなければならないと探しました。
年に一度、この時間だけはTVの前に居たいのです。
家族集合です。

広島で生まれ、広島で育った私。
小さい頃から、原爆については、平和学習として学び、8/6は夏休みの登校日でした。
歳を追うにつれて、黙祷するその1分に想うことが変わってきています。

禎子さんと同じ年頃の少女として平和を願い、

世の中を斜に構えて、世の中の常識に反発しながらも平和を願い、

好きな人を想いながら平和を願い、

家族を持って、子を持つ親の立場から平和を願い、

そして、今、人生を折り返して、次世代に伝える使命を感じながら、
平和を願います。