スマホ申告とQRコード/コンビニ納付

新年あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。

福岡の女性税理士・社会保険労務士の滝口綾子です。

今年はどんな年になるのでしょうか?
足浮きだって駆け回っていた昨年でしたが、
今年は地固めと言いますか、少し手が届いていなかったところや気になっていたところをキチンと埋めながら、
まずは一歩、そしてまた一歩、一歩ずつ前進して行きたいと思っております。

 

ID・PASS取得でスマホ申告

既に還付申告は始まっております。

スマホ申告は消費税や贈与税の申告以外の所得税の確定申告が可能と歌われていますが、実際には主にサラリーマンや入力が少ない申告向きの方をターゲットにしていると思われます。

ですので、医療費控除・寄付金控除・副業での申告におススメですね。

まずは、ID・PASSを税務署(税務署職員との対面)で取得してください!

税務署が開いている時に出向かなければならないのがネックですが。

取得してしまえば後は、申告アプリをDLして自宅でカフェで落ち着て申告可能です。

スマホよりはタブレットが見やすいですね。

QRコードでコンビニ納付スタート!

H31.1.4~スタートしました。

PC・スマホ・タブレットで作成した申告書で納付が必要な場合、

これまでは、税務署で納付書を取得して、それに名前や税目・金額等を書いて、金融機関で納付するというものでしたが、

これからは、申告書作成時に、QRコードを作成・出力して、それをコンビニの「Loppi」「Famiポート」で読み取り後納付書を出力してレジで納付が可能になりました。

ただし、
納付可能額は30万円以下、
コンビニのみの現金納付、
利用可能税目にも一部制限がありますので、

ご留意ください。

また、納付ですので、QRコードでの還付はできません。
あたりまえですが。

 

確定申告シーズン突入です。
皆様もぎりぎりにならないように、準備をお願いいたします。

またご不明な点等ございましたらお問い合わせくださいm(_ _)m