コロナ対応

鯉のぼりの絵はがきをもらいました^^
風になびく鯉のぼり、
新緑の心地よい風のGW、
我らがカープ。。
いろんな当たり前が当たり前でなくなって、いろんなことを懐かしく思いました、福岡の女性税理士・社会保険労務士の滝口綾子です。

緊急事態宣言もまだ続きます、地域別の色付けもされて、まだまだ闘いは続くのでしょうか。。

 

 

 

 

申請したい!雇用調整助成金

と思われてる事業者の方はたくさんいらっしゃると思います。

雇用調整助成金、制度自体も古くからあって、面倒臭い(言い方が悪くてすみません)助成金であることは間違いなくて、
ただ、これを簡素化した!と言われていますが、いかがでしょうか?

根本的な話ではやはり先にお金が必要で、申請までに時間が掛かって、自力で難しければ、また支払が必要で、満額もらえるものでもないし。。
企業体力がなければ難しい(-_-;)

解雇しないから、
雇用を継続するから、
休業手当以上の金額支給するから、
早くお金ちょうだい!(助成して!)
と言うのが現実だと思います。

それでも、少しだけ先が見えて来たから、
頑張って申請してもらいたいと思います!
5/1に更なる拡充も行われています。

 

持続化給付金 国VS県



※ 画像は比較のため、私が加工しました。

国:
https://www.meti.go.jp/covid-19/pdf/kyufukin.pdf
福岡県:https://www.pref.fukuoka.lg.jp/uploaded/attachment/112027.pdf

既に申請が始まっています!

また、西日本新聞に2重取りも可能!と言う記事もありましたが、結論から言えばその通りです。

売上減少30%以上50%未満の月での支援金を申請して、その後減少が50%以上となっての給付金を申請した場合(段階を追って悪化した場合)です。

県にも国にも電話で確認を取りました。(R2.5.6現在)

そして、福岡市は県への提出書類を使うことで=同基準で市独自の給付等を行うともしています。

この危機を乗り越えて、1日でも早く日常が取り戻されることを祈るばかりです。